2010年11月11日

卒業記念の準備に

この季節

3年生はすでに部活を引退されていることと思います。

おそらく受験勉強中ですよね。



2年生は 
ようやく自分たちの時代がやってきたと
うきうきされていることでしょう〜。


試合に向けてがんばっておられる姿が目に浮かびます。



まだまだ先の話ですが

3年生の卒業のお祝いに

バドミントン部ならではの
シャトルアクセサリーを作ってプレゼントするのは
いかがでしょうか?


そろそろ準備をしても
よいかもしれません。

折れたシャトルを集めるところからはじめましょう。



シャトルアクセサリーは、こっそり作成するのがポイントですよ(笑)



ぜひぜひ
素敵なシャトルアクセサリーを作ってくださいね。






手作りのシャトルアクセサリーが
バドミントン部の思い出になるよう祈っています。
【関連する記事】
posted by でん at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 卒業記念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

シャトルアクセサリー


シャトルアクセサリー(でん.jpg

                                      <でん作>

試行錯誤を重ね、使用済みのシャトルをリサイクルして作りました。

卒業される先輩や優勝したときの記念のシャトルなどで作成して
プレゼントなんていかがですか?


                    【作業時間約2時間】
posted by でん at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 完成写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

用意する物

用意する物.jpg






◆使用済みシャトル数個・・・未使用のシャトルの方がキレイに仕上がるが
                  1本折れてしまったものなどで十分。リサイクルしましょう。
◆キーホルダー・・・・・・・ストラップには不向きなのでキーホルダーが良い。
◆瞬間接着剤
◆糸
◆ニッパー
◆ペンチ
◆カッターナイフ


posted by でん at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 用意する物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分解作業

作業2.jpg

1、シャトルのコルクの部分と羽根の部分をニッパーで切り離す。
  
  ※注意点  コルク部分に羽根の骨の部分を少し残しておくのがポイントです。



作業0.jpg


2、羽根を1枚1枚切り離す。
posted by でん at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業工程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掃除

作業.jpg

3、コルクについて羽根の残りカスを取る。

  あいだにある接着剤をニッパーで切り離し、キレイにする。


作業4.jpg


4、ペンチの先で1本1本つまみ、コルクから抜き取る。
  かなり力がいるので、コルクをしっかり持ち思いっきり抜く。

  先が細いラジオペンチでも良いが、
  普通のペンチで先を写真のように斜めにして抜いた方が
  力が入りやすく簡単に抜ける。

  ラジオペンチだと、力が入りにくく、やりにくい場合もあります。


作業5.jpg


5、全部抜き終わるとこのような状態になります。
  
  抜き取った物は使用しないので捨てる。



posted by でん at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業工程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽根の加工作業

作業6.jpg

6、羽根の加工をはじめましょう。
  
  左が加工前。右が加工後です。


作業7.jpg

7、羽根の加工 <その1>

  羽根についている糸を取り除く。

  このとき、ニッパーで写真のように糸だけを切断し、
  あとは手ではがす。

  ※注意点  ニッパーで切る位置を間違うと骨の方まで切れてしまうので、
        糸だけ切るよう慎重に行いましょう。


作業8.jpg

8、羽根の加工 <その2>

  羽根についている残りのボンドをはがす。

  このときに楽な方法は、表面と裏面だけはがすと
  あとの左右はつめで簡単にはがせます。


作業9.jpg

9、羽根の加工 <その3>

  バランスを見ながら羽根のコルク側になる方を切断する。

  このときもニッパーで切ると簡単に切断できます。

  切断したモノが落ちるのでゴミ箱の上で切断するのがベスト。


作業10.jpg

10、羽根の加工 <その4>

   先端を斜めに切る。

   コルクに差し込むときに楽になるので。


作業11.jpg

11、羽根の加工 <その5>

   先端を左右切り、とがらせる。

   ※注意点  同じコルクに刺す羽根と全体の長さが同じくらいになるよう
          揃えるとあとで高さ調整する時に楽になる。
posted by でん at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業工程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽根とコルクの接合作業

作業12.jpg





12、コルクに羽根を刺し込む。

   ※注意点  このときにボンドをつけて刺すと高さ調整ができないので 
           ボンドは使用厳禁。




作業13.jpg

13、高さを調整する。

   シャトルを立てて置き、バランス良くなるよう微調整する。





posted by でん at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業工程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キーホルダー設置作業

作業14.jpg

14、キーホルダーを付けるために羽根を1枚だけ抜く。



作業15.jpg

15、高さ調整したまま動かさず、上からボンドで固定。
   
   瞬間接着剤でないと乾くまでに時間がかかりすぎるので
   瞬間接着剤がオススメです。



作業16.jpg

16、瞬間接着剤を使用した部分が乾いたら、残してあった最後の1本に
   キーホルダーをつけコルクに刺し込んでボンドで固定する。


作業17.jpg

17、最後に糸で固定して完成。

   ※注意点  キーホルダーをつけた羽根を出発点にして糸を結ぶ。
           使っているとキーホルダーが動いて糸が取れやすくなるので、
           ここで固定しておくのがポイント。
           本来のシャトルと同じようには出来ないが、
           糸を張りながら1本1本固定していくのがベスト。
           ここでも瞬間接着剤を利用して、1本ずつ乾いてから平行をみながら固定する。
           アクセサリー作りで一番の難関です。
posted by でん at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業工程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完成


完成写真.jpg


左が売っているシャトル。右がアクセサリー。




シャトル1.jpg

シャトルの筒を適当なサイズに切り、包装紙を貼り付けると
プレゼントにちょうど良い感じになります


シャトル2.jpg

アクセサリーが傷まないようティッシュなどクッション材を入れてもいいでしょう

シャトル3.jpg

蓋をすれば、完全に固定できます。

posted by でん at 04:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 完成写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。