2007年10月09日

羽根の加工作業

作業6.jpg

6、羽根の加工をはじめましょう。
  
  左が加工前。右が加工後です。


作業7.jpg

7、羽根の加工 <その1>

  羽根についている糸を取り除く。

  このとき、ニッパーで写真のように糸だけを切断し、
  あとは手ではがす。

  ※注意点  ニッパーで切る位置を間違うと骨の方まで切れてしまうので、
        糸だけ切るよう慎重に行いましょう。


作業8.jpg

8、羽根の加工 <その2>

  羽根についている残りのボンドをはがす。

  このときに楽な方法は、表面と裏面だけはがすと
  あとの左右はつめで簡単にはがせます。


作業9.jpg

9、羽根の加工 <その3>

  バランスを見ながら羽根のコルク側になる方を切断する。

  このときもニッパーで切ると簡単に切断できます。

  切断したモノが落ちるのでゴミ箱の上で切断するのがベスト。


作業10.jpg

10、羽根の加工 <その4>

   先端を斜めに切る。

   コルクに差し込むときに楽になるので。


作業11.jpg

11、羽根の加工 <その5>

   先端を左右切り、とがらせる。

   ※注意点  同じコルクに刺す羽根と全体の長さが同じくらいになるよう
          揃えるとあとで高さ調整する時に楽になる。
ラベル:羽根 シャトル
posted by でん at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業工程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。